私がお金に困ったのは100万円のバイクを購入した後です。

消費税が上がる前ということで貯金も十分にないのに買ってしまいました。

しかもローンを組むわけでなく見栄を張って一括で購入しました。その結果後々の生活が大変になりました。

大学の時に借りた奨学金が返せなくなりました。

月々25000円の返済額なのですが、バイクを購入したために手持ちの現金がなく指定の期日に支払うことができませんでした。

何とか家族に頼んで支払ってもらったものの親戚などからの冷たい目が否応もなく私に突き刺さりました。

さらにバイクに乗るには任意保険に加入しなければなりません。それが30000円以上とバカにならず逼迫していた私の財布をさらに追い込みました。

加入しないこともできますが、それでは危なくて公道を運転することができません。これもやむを得ず親類に頼んで支払ってもらいました。

家の中で私の肩身が狭くなったのは言うまでもありません。私が学んだことは大きな買い物をする際は計画を立ててからということです。

買いたいものに付随する費用やアフターサービスなど総合的な費用を勘案し購入計画を立てることが大切であるということを痛感しました。

そう思いながら今親類に借りた金を返せるよう齷齪働いています。