就職活動をする際、住宅手当が支給されるかどうかというところも見ながら、企業を選んでいました。

そして、めでたく希望の会社に入ることができ、住宅手当も毎月5万円支給されることになりました。

給料は、さほど高くはなかったのですが、住宅手当が出るということは、かなり大きかったです。

私は、家計簿も付けず、カードで支払うことが多いので、自分の収支をしっかりと管理できていません。

家賃の口座だけは別にしておき、数か月分は入金していました。だから、そのことに安心して、毎月稼いだ分は全部使うようになってしまいました。

そんな風にお金を使っていたある日のこと、カードの利用明細と通帳の残高を見て青ざめました。

家賃の口座は、ほぼ底をついているのに、そのことに気付いていませんでした。いつものようにカードで買物をしてばかりいたところ、その利用分が自分の収入を超えていました。

しかも、そのタイミングで住宅手当が削減されることになり、毎年1万円ずつ減額されることが決まったのです。

その時は、一旦カードの支払いをどうにかするために、社員貸付に頼りました。

そして、家計簿を導入し、自分の収支を把握することから始めることにしました。

カードばかり使うのも、危険だと思いました。